交通事故の基礎知識 3

交通事故のケガは立派な傷病です。健康保険が使えます

交通事故のケガは立派な傷病です。健康保険が使えます

 交通事故には健康保険が使えないと誤解している方がとても多いです。しかし交通事故によるケガも健康保険上の「傷病」ですから,健康保険を使って治療が出来ます。ところが病院は「保険扱いには出来ません。自由診療扱いにして下さい」と言ってきて,患者さんの保険扱い要求を嫌がります。しかしそれは間違いです。病院は自由診療のほうが,保険扱いの点数の制約がなく,保険診療より治療費を多額に取れるからそう言うだけです。本来交通事故の治療について保険扱いにできない理由は全くありません。自由診療による請求額が高すぎると保険会社からマークされている病院もあるほどです。
 一般的に言って,自由診療は患者さんにとってマイナスです。なぜなら自賠責保険の治療費等の損害賠償額の限度は120万円ですから,自由診療だと,あっという間に120万円を越えてしまうからです。特に過失相殺がある場合は問題です。被害者に過失があるとき,その部分は自分で負担しなければなりません。ですから負担額は健康保険を使って少なめにしておいた方が得なのです。また健康保険を使っていれば,自賠責の限度額120万円を超えた場合でも,7割は健康保険が負担してくれます。もちろん相手方が任意保険に入っていれば自由診療でも治療費は相手方の保険で支払われるわけですが,相手方保険会社は治療費がかさむと損害賠償額も膨らんでくるので,治療を打ち切るよう要請してくることがあります。そうなると,治療の継続が困難になる不利益も生じてくるのです。
 例外的に自由診療でもよい場合は,被害者の過失がゼロの場合です。この場合は,保険診療だと3割の自己負担が課されますが,保険を使わなければ100%加害者の負担となるからです。ただこの場合でも,保険会社は損害賠償額が過大なることを嫌がりますから治療費が過大になりすぎないよう注意することが必要です。

入院・通院慰謝料

 交通事故によりケガを負った時,入院期間・通院期間に応じて慰謝料が支払われます。この場合,自賠責基準と裁判基準である赤本とでは全然金額が異なります。

自賠責基準は1日あたり4200円です。これに日数をかけるのですが入通院の日数計算方法には次の2通りがあります。

① 入院日数+通院日数
② (入院日数+「実」通院日数)×2

①と②どちらか日数の少ないほうが,計算の基礎となる日数になります。


 これに対して,裁判基準である赤本基準では,入院と通院とで,金額が異なります。また自賠責と比べるとはるかに金額も高いです。ですから,ここは弁護士を立てて交渉した方が有利となります。例えば通院なら1ヶ月間28万円,2ヶ月間なら32万円,これに対し入院なら1ヶ月間53万円,2ヶ月間なら101万円です。具体的には,マニュアル本を買われて入通院慰謝料の表を見ればわかります。インターネットでも調べられます。

自己紹介自己紹介

相談受付はお電話で

TEL 090-3483-3979

固定電話は現在設定中

FAX 042-

相談受付は8.00-22.00

業務は10.00-18.00

電話・メール相談/土日祝日/夜間相談もお請けします

相談料は無料です


<以下予定現在登録替手続中>

第二東京弁護士会所属予定

〒192-0065

東京都八王子市新町15-6フェニックス八王子弐番館902

伊藤彰彦法律事務所

弁護士 伊藤彰彦


<HP更新履歴>

2011.H23. 4 静岡市で【HP】開設

2013.H25. 5 札幌弁護士会に登録替

2016.H28. 7 再び静岡県弁護士会へ

2017.H29. 5【HP】リニューアル

2017.H29. 9 弁護士ドットコム 

2021.R3  東京第二弁護士会に登録変更予定